IZUMI FURNITURE

「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」の楽しみ方!
長崎歴史文化博物館

  1. コト

夏休みは家族で GO !
「チームラボ★学ぶ!未来の遊園地」の楽しみ方 !長崎歴史文化博物館

国内はもちろん、今や世界各国でイベントを行い、大好評のアート集団、チームラボ (team Lab)。このチームラボが、再び長崎歴史文化博物館にやってきます!今回は、「共 同で創造する “共創(きょうそう)”」をコンセプトとした、楽しみながら学べる、「遊 園地」。見て、動いて、感じて、五感をフル活用すれば、何倍も楽しめます!

山と谷の間に存在する、デジタルな生態系を “体感”

私たちの世界では、生きものは他の生きものを食べたり、食べられたりしながら、一つの生態系を作っています。この空間も全く同じ。他の生きものを食べて増え、食べれないと死んでしまします。花はじっとしているとたくさん咲きますが、逆に踏まれると散ることになります。

神様になれる!?自分が創造した生きものが動き出す


しかも、ここの自然にいる生きものたちは、みんなが描いた生きものたち!つまり、 あなた自身が “創造主”。創造した生きものたちが、この場所のどこかで自由に動き回っ たり、増殖していったり、悲しくも死んでしまったり、自然の摂理に従っています。 自分だけのオリジナル生きものを誕生させ、一生をも見守りましょう!

すべってすべって実らせる!坂の上のフルーツ畑

フルーツを育てるには、太陽と水が大切。果実を実らせるためには、蝶やミツバチな ど昆虫も欠かせません。ヒトは太陽の光となって坂をすべり、身体にぶつかった水の ボールやミツバチのボールが種を芽吹かせ、花をつけ、そして果実を実らせます。すべっ てすべって、どんどんすべって、ピンボールのようにボールを弾かせ、たくさんのフルー ツを実らせましょう!

小人が住むテーブル世界に、人の手が加わると?


このまるいテーブルの中には可愛い小人たちが住んでいます。テーブルの上に物を置いたりすることで、この世界に変化が起こり、滑ったりジャンプしたり、いろんな遊びをしだします。手を置いたり、大小色んな大きさのモノを探して置いてみましょう。
思いもしなかった小人たちの行動が、私たちを楽しませてくれます!チームラボの世界には、今まで想像もしなかった未来がギュッとつまっています!未 来を担っていく子供たちが、五感を使って楽しみ、そして学んでいける体感型イベント。 今年の夏休みは身体全体を使って、思う存分遊びましょう!

〜まとめ〜
○世界で活躍する”チームラボ”が長崎歴史文化博物館へやって来た!!
○デジタルで作る自然界。描いた生き物に命を吹き込みます!
○小人が住むテーブルの世界が目の前に!五感を使って体感できます。
○大人も子供も夢中になって楽しめる夏休み必見のイベントです!

(文章:眞名井)

概要
名称 長崎歴史文化博物館
住所 〒850-0007 長崎県長崎市立山1-1-1
電話番号 095-818-8366
開館時間 開館時間:午前10時から午後18時まで
 2019年7月13日(土)〜9月1日(日)まで
観覧料 当日/ 一般 1300円、中高生 1100円、子ども(3歳以上)900円

前売/ 一般 1100円、中高生  900円、子ども(3歳以上)800円
WEB https://futurepark.teamlab.art/places/rekibun19
イズマガ編集部

イズマガは「イズミファニチャー」がお届けする
ライフデザインWEBマガジン。

インテリア・家具・デザインに精通するスタッフが、
定期的に記事をお届けします。

「モノ」「ヒト」「コト」をテーマに、
なんてことない毎日が、視点を変えると美しい景色に変わるような記事をお届けします。

記事一覧

関連記事

植物を暮らしの日常に。

島原へとつながる国道57号線沿にあるグリーンショップ「ハナジロウ」店主の小関さんがオープンし、今年7月で5年目となるお店です。店内には変わったサボテンやユ…

フィルムカメラでわくわくを

フィルムカメラでわくわくを

デジタルカメラが普及して約20年。爆発的に進化を続け、今や超高性能カメラが携帯電話に搭載されている時代。そんな今、あえて「フィルム」でもう一度写真を撮ってみま…