IZUMI FURNITURE

居心地の良いカフェでほっと一息。
【café 62番地】

  1. コト


秋も深まり、朝晩が肌寒くなってきた今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
しっかり元気の源となる栄養、取れていますか?
何かと慌ただしい毎日を送っていると、つい疎かになりがちな食生活。
でもしっかり食べないと元気も出ませんからね!
今回は、私がほっと一息つきながら美味しいものをゆっくり味わいたいときに行く、お気に入りのcaféをご紹介いたします!

ビルの一角にひっそりと佇むカフェ


平尾駅からサニー那の川方面へ4分歩いたら見えてくる、この建物の2階にある「café 62番地」。
一見、普通のアパートのようですが、他にも飲食店や雑貨屋さんが集まっている穴場スポット。いつ行ってもワクワクします。

ぼーっと過ごせる素敵空間


階段をあがって…友人宅に招かれたようにドアを開けると…広がるお洒落な空間。
「62番地」という名前の由来も、アットホームな店にしたいというオーナーの思いが込められているのだそうです。
一人でぼーっと過ごしたい時は、この窓際の席がオススメ!
外を眺めながらゆっくり過ごせますよ!

お子様連れでも安心!


お昼は11時半からスタートしますが、私がお昼を食べに行った日は平日にもかかわらず満席で、ひっきりなしにお客さんが来られていました。
中には子供連れの方も!…というのも、この店にはお子様を連れた方も、気軽に来られるようにとキッズスペースが設けてあります!
別日の夜に写真を撮らせていただいたので、載せておきますね!なんて素敵。


近くに公園もあるので、食べた後に公園で遊ぶこともできます!

ボリューム満点の手作りランチ!


さてさて、気になるお食事はというと…見てください。
オススメのワンプレートランチは品数も多くボリュームがあり、1品1品どれも美味しくて満足感たっぷりです。
日によって少しずつ内容が変わるそうで、この日は「かぼちゃのスープ」「タコとサーモンのバジルマリネ」「ラタトゥイユ」「クリームチーズ豆腐」「春菊とベーコンのスパニッシュオムレツ」「生ハムサラダ」「若鶏のグリル」「じゃがいものグラタン」でした。
「クリームチーズ豆腐」も手作りなんだとか。
買って帰りたいから売ってくれないかと言いたくなる美味しさでした。


そしてさらに最高なのが、お店手作りのパン(この日は「ローズマリーフォカッチャ」「ミルクパン」)が付いてくること!
ライスかパンか選べますが、ここはぜひパンをオススメします!
手作りパンの優しい味とふわふわした食感はより幸せな気持ちにさせてくれること間違いなしです。

〜まとめ〜
○居心地がよく、時間を忘れるカフェ
○お子様連れに優しい店内設備&遊び場
○手の込んだ美味しいランチで至福のひととき!
○優しい味の手作りパンがおすすめ!

(追記)
店長を始め、店員の方も気さくで笑顔が素敵で、話していてとても温かい気持ちになりました。素敵なお店は素敵な人がいてこそ、ですね。お忙しい中、取材に対応いただき、ありがとうございました!

店舗詳細
名称 café 62番地
住所 〒815-0082 福岡県福岡市南区大楠2丁目17-3 井谷ビル2F
電話番号 092-525-1416
営業時間 11時30分~22時(L.O.21時)
店休日 第1月曜日、火曜日
フェイスブック cafe62
イズマガ編集部

イズマガは「イズミファニチャー」がお届けする
ライフデザインWEBマガジン。

インテリア・家具・デザインに精通するスタッフが、
定期的に記事をお届けします。

「モノ」「ヒト」「コト」をテーマに、
なんてことない毎日が、視点を変えると美しい景色に変わるような記事をお届けします。

記事一覧

関連記事

知る人ぞ知る名店

ヒトが集う場所

唐突ですが皆様は行きつけの場所、お店などはありますでしょうか?私は十年来通わせていただいているお店があります。長崎市鍛冶屋町にあるイタリアンレストラン「famig…

植物を暮らしの日常に。

島原へとつながる国道57号線沿にあるグリーンショップ「ハナジロウ」店主の小関さんがオープンし、今年7月で5年目となるお店です。店内には変わったサボテンやユ…

フィルムカメラでわくわくを

フィルムカメラでわくわくを

デジタルカメラが普及して約20年。爆発的に進化を続け、今や超高性能カメラが携帯電話に搭載されている時代。そんな今、あえて「フィルム」でもう一度写真を撮ってみま…