IZUMI FURNITURE

「ちょっといい日用品」を暮らしの中に

  1. モノ

照りつける太陽に春の終わりを感じたり、急激な雨に慌てて傘を広げたり…。
天気一つをとっても何かと慌ただしい今日のこの頃ですが、皆さまいかがお過ごしですか?
中には毎日に追われ、お疲れの方もいらっしゃるかもしれませんね。今日はそんなお疲れの方、気分転換したいなと思われている方に届け!という思いを込めて、あるお店をご紹介します。

店外観

当店オブジェクタム ・カーサから徒歩で約15分のところにある、インテリアショップ「FUTAORI(フタオリ)」
こちらは設計士・プロダクトデザイナーとして活躍している浅野雅晴さんがオーナーのセレクトショップです。

天井から吊るされたドライフラワー

まず店内に入って目に入るのが、この色とりどりのドライフラワー
ずっと眺めていたくなるほど可愛らしい花々が吊るされているのを見ると、もうそれだけで心が躍ります。
少し前からお部屋のインテリアとして注目され始め、今では色々なところで目にはするものの、このようにディスプレイされている所はなかなかないのではないでしょうか?

贈り物にも良いように小さなブーケとしてまとめられたものやチョコレートと一緒に包まれているものもありました。部屋の家具や雑貨などもそうですが、いいなと思ってもなかなか素敵な組み合わせをチョイスできなかったり、何と一緒に送ったら良いか悩んだりするので、そうやって組み合わせてあるとありがたいですよね!

ドライフラワーブーケ

そうこうしながらじっくり見ているうちに、自分の家もこうやって花を飾りたい…という衝動が抑えきれなくなった私は、優しくて気さくな店員さんにおすすめをうかがいました。
すると「ユーカリ」と「ミモザ」とのこと。確かにどんな空間にも合わせやすく、お部屋が上品にまとまる納得のチョイス!早速購入し、部屋に飾りました。

眺めていると心が豊かになり、癒されます。

自宅に飾ったドライフラワー

他にもおすすめの商品を聞いてみると、コーヒーグッズをご紹介いただきました。

コーヒーグッズ

その中でも、コーヒードリッパーのカタチの上品さ、スマートさといったら!
洗練されたデザインに惚れ惚れします。毎日使うものなので、軽量で持ち運びやすく、簡単に水洗いで汚れが落ちるようにデザインされたとのこと。
これがあれば毎日のコーヒータイムが優雅に過ごせそうです。こちらも贈り物に良いでしょうね!

その他にも店内は瀬戸焼作家さんの器をはじめ、様々な方の思いとこだわりのつまった雑貨であふれていました。

このように丁寧に心を込めて作られたものをゆっくり見たり、大事に使ったりする時間が私たちの心を癒し、心穏やかにしてくれるような気がします。
すべきことに追われ、日々を一生懸命生きているとなかなかゆっくりした時間はとれないものですが、だからこそ自分の居場所である自宅や日々使うものは好きな家具や雑貨を選びたいですよね。

「FUTAORI」さんに行って、改めてそう感じたところでした。
私たちOBJECTUM CASAも、「FUTAORI」さんのように、皆さんの毎日を豊かにするお手伝いをしたいと思っています。両店とも歩いていける距離にありますので、「あぁ最近疲れているな」「豊かに生きたいな」などと思われている皆さま、ぜひお越しくださいませ。

お忙しい中、取材に対応いただき、ありがとうございました!

(古川)

店舗概要
名称 FUTAORI(フタオリ)
住所 〒810-0014 福岡県福岡市中央区平尾3丁目17-12
電話番号 092-791-1715
営業時間 12時〜19時(月曜日 定休日)
WEB https://futaori.com
イズマガ編集部

イズマガは「イズミファニチャー」がお届けする
ライフデザインWEBマガジン。

インテリア・家具・デザインに精通するスタッフが、
定期的に記事をお届けします。

「モノ」「ヒト」「コト」をテーマに、
なんてことない毎日が、視点を変えると美しい景色に変わるような記事をお届けします。

記事一覧

関連記事

植物を暮らしの日常に。

島原へとつながる国道57号線沿にあるグリーンショップ「ハナジロウ」店主の小関さんがオープンし、今年7月で5年目となるお店です。店内には変わったサボテンやユ…

フィルムカメラでわくわくを

フィルムカメラでわくわくを

デジタルカメラが普及して約20年。爆発的に進化を続け、今や超高性能カメラが携帯電話に搭載されている時代。そんな今、あえて「フィルム」でもう一度写真を撮ってみま…