インテリアの始まりはイズミファニチャーで。

お知らせ

【ステイホーム特集⑤】長崎でカーテンを変えて印象を変える!ロールスクリーン もオススメです!

インテリアに馴染むカーテン選びとは !?

カーテンをお部屋のインテリアに馴染ませるにはそれぞれの役割を理解する必要があります。
・部屋全体のイメージを作る
・他の家具やインテリアとの相性
・カーテンの役割

部屋全体のイメージを作る


カーテンを選ぶときには、最初に部屋全体のイメージを把握します。
そのイメージにもとづき、重視するポイントを挙げていきます。例えば、重厚なインテリアのリビングであれば高級感、若い人の部屋であれば軽快さや明るさ、自然志向の家庭であればナチュラル感などが考えられます。部屋の広さや、プライベート空間、共用スペースのどちらかといった違いも、カーテン選びの要素となります。
また、カーテンをかける面の数も重要です。そのカーテンがベース・メインなのか、アクセント的なものなのかを良く検討することで、失敗しないカーテン選びができます。

他の家具やインテリアとの相性を考える


カーテン選びを間違えると、部屋に入ったときに違和感が生じ、どこかちぐはぐな印象を受ける可能性があります。好きな色であっても、家具や調度品とのバランスが思わしくないカーテンは避けなければなりません。周りの家具との調和は非常に大切です。部屋全体の色を掴みます。例えば大きな家具といえばソファ。ソファの生地の色を考え、カーテンを選びます。

カーテンの役割

カーテンに求める役割は、人によって異なります。室内でカーテンを目立たせたい、全体になじませたい、あるいは単なる目隠しとして活用したいという場合もあります。遮光性や遮熱性を機にする方もいらっしゃいます。それによって、色や柄、重量感や厚みについての選択が変わってくるでしょう。
部屋をカジュアルに見せたい、フレンドリーな印象を与えたいという人ならばリネンのような「ざっくりした自然素材」、優雅なセレブ感を味わいたいという人ならば「光沢のあるドレープが美しく繊細」というように、大切にしたい視点がそれぞれにあります。季節感をカーテンによって演出したい人は、できるだけコストを抑えることが優先されるかもしれません。
カーテンを選ぶ目的を明確にしておけば、選択に悩んだときの基準を持つことができます。

オススメのカーテン&ロールスクリーン

・ロールスクリーン “デュオレ ”
イズミファニチャー のロングセラー&一番人気のロールスクリーン。
カーテンを変えようかと悩まれている方にオススメのロールスクリーン!思い切ってカーテンではなく、ロールスクリーンに変えませんか?オススメの理由は、おしゃれ・取り扱いが簡単・比較的安価。さらにすっきりと見えるなどメリットが多いアイテムです!店頭に展示がありますので是非ご検討ください!
 
・LifLiin(リフリン)リネンカーテン
自然素材のカーテンLifLin(リフリン)。その手触り、質感がとても素敵です。他の人と一味違うカーテンをお探しの方にオススメです。
詳しくはこちらのブログに掲載しております!
【期間限定カーテン特集】女性目線のカーテン選び /自然素材リネンカーテン「Lif/Lin」(リフリン)

(文:諫早店 古川)

前回はコチラ↓

 【ステイホーム特集③】夏の料理が楽しくなるお皿

お問い合わせ
名称 IZUMI FURNITURE (イズミファニチャー )
住所 〒854-0001 長崎県諫早市福田町24-5
電話番号 0957-22-2851
WEB ショップ情報はこちらから!

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連ブログ

PAGE TOP
Translate »