1. HOME
  2. お知らせ
  3. 暑い日のビールをより美味しくするための一工夫

NEWS

お知らせ

IZUMIブログ

暑い日のビールをより美味しくするための一工夫

見た目で味の印象は変わる!?


「美味しい」というのはどういう事でしょうか?
食事をする時、人間は五感を使って「美味しい」と感じています。食事をし、美味しいと感じる際に、この五感の使用される割合は、意外にも
視覚 87%
聴覚  7%
触覚  3%
嗅覚  2%
味覚  1%
となっているそうです。つまり、美味しいと感じるのはほとんど視覚からの情報が占めているんですね。
そこで、今回は見た目を重視し、より美味しく感じられるビールグラスを紹介します!

ビール大好きの職人が作る至高のビールグラス


ビール大好きの職人さんによってデザインされたビールグラスは、こだわり十分。ビールが主役になるようにとの思いで製作されたとのこと。
デザインされた江良徹さんのコメントを一部抜粋すると、「ビールグラスなので、装飾があるとビールよりグラスのほうが目立ってしまいますよね。僕は、ガラスの良さは光が通って透明度が高いところだと思うんです。そのガラスの良さを利用して、飲み物が入ったときに輪郭を消せるくらいガラスの厚さを薄くして、ビールが主役になるグラスを作りました。僕は普段ワイングラスを作っている職人なので、薄く吹くのが得意なんです。その経験を活かして作りました。」とコメントされており、ガラスの良さを最大限生かしたデザインをされていることが伺えます。

色んな形で色んなビールを

ザ・ビアー nido


握りやすい太さに飲んだ時の口当たりの良さが感じられる『nido-ニド-』。
333ml瓶1本で二度違う味わいで楽しめるよう、グラスはあえて小ぶりなデザインになっています。
上部の一番広がりがあるところを境に、ビールと泡の層がきれいに分かれます。
ビールを注いだら、喉を鳴らして飲まずにはいられないようなグラスで、ぜひ楽しい会話を。

【カラー:クリアー、サイズ:60×160H・230ml、価格:3,000円+税】

お求めはこちらから
→オンラインショップ”Izumi Sofa” ビールグラス nido ニド

ザ・ビアー hour(左)

スッと煙突のような、フラスコのような縦長な形。緩やかな曲線を併せもったグラス『hour-アワー-』。
細身ではあるものの、下に向かって広がりがある形状なので見た目以上の安定感があります。
ビールを注ぐと泡が凝縮され泡持ちがとても良くなり、飲むとビールが泡の下をすりぬけて流れ込んでくるため、今までにない感覚を味わえます。
ビールを注げば、黄金色の縦長富士山のようにも見えますよね。ビールのシュワっとした泡の様子とともにスタイリッシュなビールタイムを。

【カラー:クリアー、サイズ:46×175H・320ml、価格:3,000円+税】

お求めはこちらから
→オンラインショップ”Izumi Sofa” ビールグラス hour アワー

ザ・ビアー su


コロンと丸く、かわいらしいシンプルなグラス『su-素-』。
シンプルな形状だからこそ、ビールそのものの旨味や香りを思う存分楽しめます。
思わず両手で包み込みたくなるようなフォルム。
なるべくガラスの存在感を少なく、ビールの色や味をストレートにお楽しみいただけます。
ぜひお父さん×娘さん・お母さんと和やかに楽しむひとときにしてみてはどうでしょうか?

【カラー:クリアー、サイズ:70×80H・330ml、価格:2,800円+税】

お求めはこちらから
→オンラインショップ”Izumi Sofa” ビールグラス su 素/a>

それではみなさんよいビールライフを!

 

INFORMATION

\イズミファニチャー が運営するウェブマガジンがオープン/
長崎・福岡の情報が満載、イズミファニチャーが発信するライフスタイル情報にご期待ください!

イズマガ
Life Style Web Magazine 「イズマガ」

イズミファニチャーSNS一覧
         

最新記事

Translate »